ホーム > 沿革

沿革

明治元年(1868) 木村正平商店として、スピンドルの製作を事業化する
大正8年(1919)阿波ツム製作所と改名
昭和2年(1927)工場を拡張し全国規模に販売拡張する
昭和18年(1943) 四国機械工業有限会社設立 社長木村清二就任
昭和22年(1947)資本金195,000円にて木村産業株式会社とし組織変更する
スピンドルおよび農機具を製作
昭和29年(1954) 阿波スピンドル株式会社と社名変更 スピンドル製作を専門とする
昭和35年(1960) 光洋精工株式会社の依頼によりベアリング製造部門を新設、
光洋精工協力工場となる
昭和42年(1967)瀬詰工場新築落成(延面積2,250㎡)
昭和43年(1968)本社工場新築落成(延面積1,700㎡)
昭和44年(1969)輸出貢献企業として通産大臣より表彰される
昭和46年(1971)厚生会館新築落成(延面積400㎡)
昭和47年(1972)本社工場鉄筋3階建新築落成(延面積1,100㎡)
昭和48年(1973)HWA SUNG TRADING CO.,を韓国にサービスステーションとして設立
昭和49年(1974)資本金を4,800万円に増資する
昭和50年(1975)ドイツKugelfischer Georg Schafer&Co.,(FAG)の日本、韓国地区サービスステーション
として契約する
昭和53年(1978)AWA ASIA COMPANYを香港に設立
昭和54年(1979)木村 悟 社長就任
昭和55年(1980)本社事務所新築落成(延面積400㎡)
昭和56年(1981) 福井市に北陸サービスステーション開設
昭和60年(1985)アメリカSTI社より技術導入、ダイヤモンドプラス事業部を開設
昭和63年(1988)工場新築落成(建築面積820㎡)
平成3年(1991)瀬詰工場増築(延面積1,000㎡)
平成4年(1992)北陸サービスステーション新築落成(延面積780㎡)
平成5年(1993)本社厚生会館増築
精機事業部工場新築落成(延面積2,000㎡)
瀬詰工場増築
本社管理棟増築
平成6年(1994) 中国深圳南華精機製品有限公司へ仮撚機部品の委託加工を開始
平成11年(1999)トライウォール事業部を開設
平成12年(2000)スピンテクス大阪営業所を開設
平成16年(2004) インドネシアサービスステーションを設立
ISO9001認証取得
平成17年(2005) 木村雅彦 代表取締役就任
「中小企業研究センター賞」受賞
”セラミックス エアーノズルの開発”
木村悟社長 旭日雙光賞 授与
「中小企業振興功労」および「繊維産業発展への功労」
平成18年(2006) 「明日の日本を支える元気なもの作り中小企業300社」認定(経済産業省)
ISO14001認証取得
平成20年(2008)創業140年を機に新たなる挑戦を開始し、第2の創業を目指す
平成21年(2009)

OHSAS18001認証取得

平成23年(2011) ISO9001、14001、OHSAS18001
平成24年(2012年) 日本品質奨励賞 受賞(一般財団法人日本科学技術連盟)
平成26年(2014) 全国商工会連合会会長賞 受賞
平成30年(2018) 創業150周年を迎える

阿波スピンドル株式会社   交通アクセス
【本社】〒779-3402 徳島県吉野川市山川町天神80番地
TEL 0883-42-4121  / FAX 0883-42-4125
ページのTOPへ